8300CDQ CDプレーヤー/USB DAC ブラック

商品コード:
AH-00692-A
通常価格:
264,000 円(税込)
販売価格:
237,600 円(税込)
メーカー:
audiolab
カテゴリ:
エレクトロニクス
エレクトロニクス > CDプレイヤー
HOLIDAY SALE
数量:

 

ブランド オーディオラボ

試聴記事

オーディオ評論家 山本浩司先生 audiolab 8300CD,8300A/ Q Acoustics 3020i

説明

1枚のディスクに込められたすべてを余すことなく再現

8300CDQは、高品位なアナログプリアンプ回路を搭載し、アナログソースを接続するためのラインレベルRCA入力をステレオ3系統装備しています。プリアンプ回路は、信号の純度を保つために高品質の部品を使用して可能な限りシンプルに構成されており、ライン入力信号は精密なアナログボリュームステージに送られます。
8300CDQでは、繊細なプリアンプ部をノイズの影響から守るため、回路の物理的なレイアウトにも工夫を凝らしています。

MQA対応

8300CDQには、さらに進化したMQAテクノロジーが搭載されており、オリジナルのマスターレコーディングの音を再現するMQAオーディオファイルやストリームの再生が可能です。

*MQA(Master Quality Authenticated)とは、英国で数々の賞を受賞した、オリジナルのマスター・レコーディングのサウンドを再現する技術です。ストリーミングやダウンロードに適したサイズになっています。

 

8300CDQは、電流帰還型の専用ダイレクト・カップリング・ヘッドフォン・アンプを搭載し、さらなる柔軟性を実現しています。前面の6.35mmソケットからアクセスでき、ゲインバンド幅と高いスルーレートにより、あらゆる種類のヘッドフォンでダイナミックかつディテールに富んだ魅力的なパフォーマンスを実現します。

8300CDQで新たに搭載された機能は、MQA(Master Quality Authenticated)のデコードです。
メリディアン・オーディオの共同創業者であるボブ・スチュアート氏が考案したMQAは、ハイレゾリューション・ミュージック・ストリーミングのために設計されたデジタル・オーディオ・フォーマットで、Tidalの「HiFi」層などのサブスクリプションで利用できます。
8300CDQは、USB入力で受信したMQAデータをオリジナル・ファイルのフル・レゾリューションでアンパックし、DACとプリアンプ・ステージを経て、パワーアンプやアクティブ・スピーカーに供給することができます。

ハイレゾ対応デジタル入力

USB×1、S/PDIF×4(同軸×2、光×2)の計5系統のデジタル入力を搭載しています。32bit/384kHzのPCMとDSD256までのハイレゾリューション・デジタルオーディオに対応しています。

32ビットESS社製Sabre DAC

CDトランスポートとデジタル入力は、ESS Sabre32リファレンスチップを搭載したDACセクションに供給されます。このDACセクションは、HyperStreamアーキテクチャーとESS TechnologyのTime Domain Jitter Eliminatorを採用し、超低ノイズと高ダイナミックレンジを実現しています。
8200CDと8200CDQは、この技術を最初に採用したオーディオコンポーネントであり、それ以来、audiolabはその実装に磨きをかけてきました。この変換プロセスでは、512個のDAC素子(チャンネルあたり256個)がそれぞれ84.672MHzで動作し、サンプルレートに関わらず、すべてのデジタルオーディオソースがこの周波数にアップサンプルされます。

ジッター低減

DACチップの周辺には、ジッター(デジタル歪み)を限りなく低く抑えるための徹底した対策が施されています。緻密な回路レイアウトと低ノイズ電源が、特許取得済みのSabre32サンプル・レート・コンバーターと巧妙なDPLL(Digital Phase Locked Loop)回路を補完し、すべてのデジタル入力ソースからのタイムドメイン・エラーを低減します。

タイムドメインアイソレーション

Sabre32サンプル・レート・コンバーターは、デジタル・ドメイン内のジッターを実質的に排除する一方で、RFブレークスルーや電源カップリングなどによる外部の「アナログ・ドメイン」は、DACのサウンド・パフォーマンスに影響を与えます。
Audiolabでは、CATDA(Cascaded Asynchronous Time Domain Attenuator)回路によってこの問題を解決しています。この回路は、非同期のデジタル入力データから発生する音響的に有害なアーティファクトからDAC基板を分離します。
同一のカスケード接続された3つのステージを使用し、ステージごとにアイソレーションを高めることで、高いRF周波数でもタイミング性能を最大限に引き出すことができます。

デジタルフィルター

デジタルオーディオ再生技術が進歩するにつれて、デジタルフィルタの特性の重要性がより高く評価されています。
8300CDは、最適なリスニングのためにユーザーが選択可能な7つのデジタルフィルタを備えています。

これらのフィルタ設定では、システム構成や音楽の好みに応じて、8300CDのパフォーマンスを調整、最適化することができます。

このフィルタはデジタル入力を介してCDおよびPCMオーディオに使用できます。

さらに4つのDSD用フィルタが追加され、再生周波数帯におけるジッターノイズを除去し、よりクリアなサウンドを再生します。

ディスクリート構成のA級アナログステージと洗練されたパワーサプライ

8300CDQのアナログ出力段と電源は、卓越したサウンドを追求するために非常に優れた仕様になっています。回路には、低ノイズの大型トロイダル・トランス、多数のリザーバー/スムージング・コンデンサー、膨大な数のレギュレーター・チップ、出力には超低インピーダンスのディスクリート・トランジスター(オペアンプではなく)アナログ・ステージを採用し、あらゆるケーブルや負荷をドライブします。
電源は、複数の超低ノイズレギュレータを含む29本のレギュレートされた電源レールを内蔵し、電源の汚染やクロスカップリングに対する広範な対策が施されています。

製品仕様

出力電圧

4.2Vrms±0.1 (バランス)

2.1Vrms±0.1 (アンバランス)

出力インピーダンス

100Ω

THD

< 0.002% (1kHz, 0dB, 20Hz~20kHz, Aウェイト)

S/N比

< -100dB Aウェイト (バランス)
< -98dB A (アンバランス)

周波数特性

20Hz - 20kHz (± 0.2dB)

ダイナミックレンジ(Aウェイト)

> 100dB (バランス)

> 98dB (アンバランス)

クロストーク(@1kHz)

< -130dB (バランス)

< -120dB (アンバランス)

ゲイン誤差

<0.5W

出力(アナログ)

RCA(アンバランス), XLR(バランス), LR各1, ヘッドフォン
出力(デジタル)

XLR, COAX(同軸), OPT(オプティカル)各1

入力(デジタル) DAC時

XLR, USB各1,

COAX(同軸), OPT(オプティカル) 各2

電源

100 VAC (50 / 60Hz) 

DACチップ

ESS Sabre32 9018 chip

DAC時対応データフォーマット

PCM: 最大384kHz / 32bit

DSD: 最大11.2mHz

Digital Filter

Optimal Transient/ Sharp
Rolloff / Slow Rolloff /Minimum Phase
Optimal Spectrum / Optimal Tranient DD /
Optimal Transient XD

DSDモード Normal / 50k / 60k / 70k

寸法

80 x 444 x 317 mm (H x W x D)

本体重量

6kg

 

 

背面

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。